人気ブログランキング |

人材サービスの品格 ~リアルライフ~

chuoeg.exblog.jp

中央エンジニアリング女子社員の、まいにち奮闘記♪

ブログトップ

2011年 04月 27日 ( 1 )

おばあちゃんの携帯電話

茨城県に住む83歳のおばあちゃん。

一緒に暮らす家族の話では最近少しづつボケてきたとの事。

話を聞くと年相応な物忘れの様な気もするけど・・・

おじいちゃんが痴呆になった時どこかへ出かけて居場所が

分からなくなった経験があるので今のうちに何か少しでも

対策をと携帯電話を送りました。

そうです、GPS機能がついてるので。。。


最初「電話で話す人なんていないから要らない」と言ってたおばあちゃんですが、

おばあちゃんと電話で話したいからとこちらが言うと

「じゃ欲しい。」と。037.gif

これからは、まめに電話してみようと思います。

花柄ピンクの可愛らしい簡単携帯とこれまた花柄の首からけれる

ストラップをつけました!

d0221299_12435891.jpg


後はおばあちゃんが忘れず持ち歩いてくれれば良いのですが・・・

ま、物は試しと言うことで。






今日は何の日?

今日は哲学の日

紀元前399年のこの日、ギリシアの哲学者・ソクラテスが、時の権力者から

死刑宣告を受けて、刑の執行として獄中で毒を飲んで亡くなった。

またソクラテスの妻クサンティッペが悪妻として有名であることから

「悪妻の日」でもあるという。世界三第悪妻の一人だそうな。



哲学の日はいいとして、悪妻の日って・・・

そもそも悪妻の定義自体が怪しいものですが、この夫婦にまつわる

面白いエピソードが・・・


エピソード1
ある時クサンティッペはソクラテスに対して激しくまくしたて、彼が動じないので

水を頭から浴びせた。ソクラテスは平然と「雷の後は雨はつきものだ」と語った。


エピソード2
「セミは幸せだ。なぜなら物を言わない妻がいるから」


エピソード3
「ぜひ結婚しなさい。よい妻を持てば幸せになれる。悪い妻を持てば私のように哲学者になれる」

「そんなにひどい妻なら別れたらいいじゃないか」と言った人に対し、ソクラテスが

語ったとされる言葉にこのようなものがある。

「この人とうまくやっていけるようなら他の誰とでもうまくやっていけるだろうからね」
ウィキィペディア(クサンティッペ)より抜粋

ソクラテスさん、ちょっと皮肉、上手いです・・・041.gif


エピソードだけを見るとどちらが悪いのか他人には

理解できませんね・・・





☆さくら☆



中央エンジニアリング株式会社のHPはこちら
by chuo-eg | 2011-04-27 13:05 | Comments(0)